スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ライアーゲーム/ファイナルステージ』<65点>

DVDで映画を観たので、久々に映画の感想を。
観たのは
『ライアーゲーム/ファイナルステージ』
です。
漫画原作のようですが、読んだ事はありません。
でも、テレビは見てました。
ドラマの続きを映画で、という形は今流行りなんですかね。
ビジネスの形としては、
とってもお利巧さんな方法だな、とは思います。

以下、感想です。

*ネタバレ注意。


まずこの映画ですが、テレビと全く同じキャスティングです。
当然だろ、と思う人もいるかと思いますが、
意外とこれが違ってるパターンがあります。
ドラマと映画のキャスティングが全く違ってたりすると、
ドラマのファンは、確実にガッカリする事になります。
なぜ、ああいう事をするのか、ちょっと分らないですね。
この映画は、そういうことはないので、安心して観られました。


ただ、この映画は、
テレビのまんま、
です。

映画独特の高級感はほとんどありません。
はっきり言えば、チープです。
2時間ドラマでもいいんじゃないのかな、
と正直思いました。

まあ、邦画では良くあることなので、
慣れてますけど。


で、物語ですが、
この作品は、どこが面白いのか、というと、
当然、ゲームの駆け引きです。
これがつまらないと、話になりません。

ゲームのルール、そして駆け引きは、恐らく、
破綻が無い様に何回もチェックを重ねたはずです。
だから、その部分はよく出来てるなあ、と思いました。
なるほど、そう来るか、と唸る部分もありましたね。
考えた人は頭良いです。

ただ、ファイナルらしさ、という部分を考えたら、
ちょっと物足りなさはありました。

ファイナルというからには、
物凄いメンバーが集まってきているんだろう、
と期待してたんですが、
なんか、今までの敵のほうが、遥かに強かったような印象です。
全体的にザコ過ぎる気がしました。

あと、
面子の顔を観て、
こいつが怪しいんじゃね?
直感で疑ってしまうタイプの人物が、
そのまま怪しかったりするところも、
ちょっと良くありません。
誰が黒幕なのか、という部分が物語の面白い部分なのに、
それが、役者の名前や顔によって、
理屈抜きでばれてしまうのは、
よくないですね。
せっかく緻密な計算で組み立てられたゲームが
台無しになってしまいます。
もう少し工夫が欲しかったところです。


映画は時間が限られているので、
一人一人、丁寧に描けず、
仕方がない部分も多いだろうとは思いますが、
いろいろ、残念な部分がありました。


ファイナルだけを、じっくり、
テレビドラマで長期間見せた方が、
面白かったんじゃないかなあ、
と言うのが素直な感想です。


面白くないわけじゃあないんですけどね。



↓押してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ゲームブログ 今日やったゲームへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
広告
広告
お気に入り
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。