スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『猿の惑星:新世紀(ライジング)』〈70点〉

2014年公開。
『猿の惑星:創世記』の続編。





*以下、完全ネタバレです。

もう一度言いますが、

完全ネタバレです。


見てない人は覚悟して読んで下さい。

読んだ後での文句は受け付けません。





え~、
猿の惑星です。

ここで重大なネタバレをしてしまいますと、
なんと、
猿の惑星っていうのは、

地球、

のことでして、

我々の住むこの星が、
以下にして文字通り猿の惑星になったのか、
というのを描くお話の一つなのが、
この新世紀です。

猿の惑星シリーズは、
たくさんありますが、
別に全部見ないとこの映画が分からない、
とかそういうことはありません。
実際、私は殆ど覚えてませんが楽しめました。
そもそも繋がってるのかな。
そこはよく知りません。


ただ、このお話は
シーザーという猿が主役で、
つまり前作の創世記の完全な続きなので、
それぐらいは見ておいたほうが、
この映画をより楽しめるでしょう。

お話の流れとしては、
前作で猿を賢くする薬が開発されまして、
でもその結果、
人間に取って致死的な猿インフルエンザというやつが出てきて、
人間がどんどんいなくなっていく、
人間にとっての破滅的な世界となって、
さあ、
これからどうなるのか、
という感じですね。


では、感想を。


まず映像ですが、
もちろん文句は全く無いです。

ここで文句を言い出したら、
9割の映画は見てられなくなります。

なので、
そこはいいとして、
では、
物語や役者の演技はどうなのか。


お話的には、
ネタバレになりますが、


*繰り返しますが、
これより完全ネタバレです。

これからこの映画を楽しみたい人は、
読まない方がいいでしょう。






実はこの映画、

猿と人間が戦います。

いや、そんなのあたりまえじゃないか、
なんて一瞬思うんですが、
よく考えたら、
前作を見ただけではそんなことは分かりませんよね。


どうやら人類は、
病気で絶滅したわけではなく、
病気で数が減った所で、
猿と戦って負けて、
地球の覇者から転落するらしい、
ということが、
この映画から分かるんです。

いや、
それもまだ、はっきりしませんけどね。

実はこの映画、
人類と猿の戦いがこれから始まるぞー、
っていう映画なんです。

本格的には戦ってないんです。
たぶん、次の映画で戦います。


この映画は、
猿同士で戦います。
むしろそこが、
メインです。

前作では、
猿の側に感情移入させるために、
人間をかなり悪い側として、
描いていたと思います。

とても分かりやすい構図でしたが、
今回は、そこは前回とは微妙に違います。

今回は猿の社会で、
まるで人間社会のように争いが起こり、
それが原因で危険な状態になるんです。

今回は、
人と猿は共存出来るのではないか、
という希望を見せつつ、
でも、
残念ながら上手くいかない、
という悲しい演出となっています。


猿社会の成長もかなり興味深いですし、
なかなか、
面白い感じになってると思います。

テンポも悪く無いですし、
大きな破綻もなく、
出来がよいのではないでしょうか。


ただ、
猿が人間に近くなりすぎかな、
とはちょっと思いましたね。

いろいろ、
レベルが高くなり過ぎて、
普通にどっかの部族を見てるような気になってしまいました。

途中までは、
動物ならではの、
得体のしれない怖さがあったんですけどね。


物語の展開も、
だんだん、
全体像が見えてくると、
ありがちな感じだな、
ってのが分かってしまって、
ちょっとマイナスです。

このパターンはかなりあります。


でもまあ、
ちゃんと自然な流れの中で、
そうなるようになっていくので、
よくあるパターンとは言っても、
かなり考えて
丁寧に作られてるとは思いますよ。


おそらく次もあると思うので、
期待します。







関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

Secret

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
広告
広告
お気に入り
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。