スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ベイマックス』〈70点〉

2014年公開。
コミック原作の、ディズニー・アニメ。





*以下、ネタバレです。

本当にネタバレなので、

見てない人は覚悟して下さい。







えーと、
この映画はディズニー・アニメです。

少年とロボットが出てくるお話です。

テレビの宣伝、結構やってましたね。

それでは感想、を書きたいと思いますが、
その前に、軽くあらすじを。




繰り返しますが、

完全ネタバレなので、

ネタバレを嫌う人は
絶対に読まないで下さい。





天才少年ヒロは、
兄の入ってる大学に入学するため、
何かを発明して、発表しなくてはならないことに。

少年ヒロは無事に発表するものを作り上げるが、
その発表会で、兄は火災事故にあい死んでしまう。

兄の死にショックを受け落ち込んでいるところへ、
兄が作り上げて残したケアロボット、
ベイマックスが現れ、
少年ヒロの傷を癒してあげようとするが・・・


というお話です。


これだけ書くと、
なんだか凄くほんわかしたお話、
になりそうですが、
実は全然そんなことはなくて、

これ、
非常にオーソドックスな、
アクションヒーローものアニメ、
です。


予備知識ほとんどないままにこの映画を見たので、
途中でそれに気づいた時は、
ちょっとびっくりしました。

残念、
とまでは言いませんが、
予想してたのとはぜんぜん違うな、
と思いましたね。

予備知識はなくと書きましたが、
予告編は何度かテレビで見ていたので、
これは、
確実にそのせいでしょう。

明らかに、
単純なアクションヒーローものという映画の正体を隠して、
宣伝しましたね。

こういう宣伝をするには、
もちろん、それなりの理由があるわけで、
ま、
要するにそのままだと日本じゃ受けないと判断したんでしょうね。


このベイマックス、
ウィキペディアを見てみたら、
コミックが原作で、原題は"Big Hero 6"だそうです。

この題名からわかるように、
この映画は、実は少年とロボットのお話ではなく、
少年とロボットと、更に4人の仲間が悪と戦うお話、
って感じなわけです。

なので、
予告編だけ見て、
少年とベイマックスの感動話、
みたいなのを期待しちゃうと、
肩透かしを食らうのは間違いありません。

が、
が、
が、

じゃあ原題通りにしちゃえってなると、
実はそれはそれで凄く微妙でして、
だって、
BigHero6なんてタイトルじゃ、
日本じゃ受けそうにないですからね。

それに、
映画の中身を見たら分かりますが、
はっきり言って、
主人公とベイマックス以外、
完全に脇役です。

これをヒーロー6人の物語というのなら、
他の4人はあまりにも印象が弱すぎます。

特に掘り下げてるわけでもないし、
たいして魅力的でもない。

他の四人は邪魔といってもいいぐらいです。

実際、もし、4人の脇役ヒーローを消して、
その分、少年とベイマックスに集中させてれば、
きっともっと感動出来ると思います。


結局、
ベイマックスを中心にするんなら他の連中いらないし、
6人を中心にするんなら少年だけ描きすぎ、
って感じなわけです。

タイトルと中身のバランスが悪い。

と、
まあ、
ここまで言ってなんですが、
じゃあ、全く楽しめなかったのかというと、
別にそんなこともなく、
普通に楽しめましたよ。

まあ期待とは違いましたが。

なので、
出来が非常に悪い、というものではないです。

ちゃんと金かけて作られてるので、
CGなんかが好きな人は、
単純に目の保養になります。


ただ、
バランスが若干悪いのと、
そして、何より、
宣伝とは違う、
ってことですね。

宣伝見て、感動巨編を期待して見に行った人は、
これじゃない、感がものすごいでしょう。



映像技術の素晴らしさと、
ベイマックスのデザインにおまけして、
点は少し高めにつけました。









関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

Secret

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
広告
広告
お気に入り
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。