スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ルーシー』〈65点〉

2014年制作。
スカーレット・ヨハンソン主演の、
SFアクション映画。


*以下、ネタバレです。
ネタバレが嫌な人は読まないで下さい。

まじでネタバレです。

もう一度言いますが、
ネタバレしてるので、
見てない人は、読まないほうがいいでしょう。





まずいきなりネタバレですが、
この物語は、
スカーレット・ヨハンソンが、
何かヤバイ人たちに捕まって、
ヤバい仕事をさせられそうになったとき、
何かが起きて脳みそフル回転状態になり、
頭冴えまくって、どんどんすごいことになる、
と言うお話です。


では、感想を。


えーとですね、

出だしは、
かなりいいす。

あの、
恐怖に震える感じ、

いいです。

いい感じで物語始まってます。


さあ、
これから一体何が起きるんだろう。

ドキドキ。



と、

最初はかなり手に汗握ったまま、
割といい感じで物語も進みます。

映画を見終わってから考えてみると、
展開が急過ぎたとは思いましたが、
見てる最中は途中までは結構、
面白く見れてました。

普通に面白いんです。

途中までは。


ただ、
非常によろしくないことに、

後半に行けば行くほど、
何かやっつけ感がでてきちゃいまして、

あれ?

もしかしてこの映画、
なんかちょっと・・・


そんな微妙な感覚が、
見てる最中から、
感じられてきまして、

結局、
終わったあとに、

う~ん・・・


とこんな感じになってしまいました。



カースタントとかはすごいんですよ。

なかなか見応えあるんです。

脳みそがフル回転しだす演出でも、
面白いものもあります。

ただ、
どこか雑ですね。

最後らへんはもう、
チープですらある。

まあ、
なんとか無理やり盛り上げようとはしてるんですが、
無理矢理感ありありです。



全体的に細部への配慮が足りなくて、
リアリティーを出せなかった。

話を壮大にしすぎたのも良くなかった。
あまりにもうそ臭くてリアリティがなくなったし、
スケール感まで、逆になくしてしまった。

一方、物語の展開は割と単純。

その辺が、
雑さを感じてしまった理由でしょう。


最初は凄くいい感じだと思ったんだけどなあ。


あまりにも序盤から、
飛ばしすぎましたかね。

いくら頭が良くなったとしても、
性格まで一変させてしまうようなのは、
どうだったんでしょうね。

最初はもっと苦戦してよかったのでは。


視覚的な斬新さを狙いすぎましたかね。

もっと普通に、
だんだんと頭が良くなっていく過程を、
じっくり見せたほうが面白かった気もします。



まあ
昔のとんでもSF、
みたいな作品だと思えば、
いいんでしょうか。

世にも奇妙な物語の豪華版と言ってもいいのかも。


決して絶賛するような映画ではないんですが、
そこそこちゃんとしてて、
ちょっと変わった作品が見たいかな、
と思う人にはいい映画かもしれませんね。








関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

Secret

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
広告
広告
お気に入り
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。