スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FF13-2プレイ日記〈1日目〉

新しいゲームを買ったら、
プレイ日記をつけることにしているのが、
このブログです。

そして、
買ってしまいました、

『FinalFantasy13-2』

FF13のプレイ日記では、ボロクソに書いてしまったんですが、
なんだかんだ言って、FF13-2が発表されたときは、
かなりワクワクしてしまいました。

さらに、
予約して買ったら、特別な武器がつく、とか何とか言ってたので、
おもいっきり、釣られてしまって、
予約して、定価に近い値段で買っちゃいました。


そして、昨日、ソレが届いたわけです。

発売日にちゃんと届いて
結構、感動しました。

日本の流通機構、恐るべし。


ま、そんなことはともかく、
早速、遊んで見ました。


感想を書いておきましょう。



*以下、完全なネタバレです。
結構、細かい部分も書いちゃうつもりです。
また、つまらないと思ったら、酷評することになると思うので、
これから遊ぼうという方は、読まない方がいいでしょう。






まず、
主人公の見た目ですが、なかなかのイケメンです。
FFらしい、イケメン顔、です。

名前は、ノエル。


前回はスノーという強烈なおバカキャラがいましたが、
今回の主人公は、かなり普通に見えます。



物語は、FF13の3年後から始まります。

主人公はノエル、と書きましたが、
ノエルだけじゃなくて、
今回は、前作でも出ていた、セラも主人公です。

セラは、前作の主人公、ライトニングの妹ですね。

セラは前回では、呪いをかけられてクリスタルになってました。
なので、
ほとんど登場機会がなかったキャラなんですが、
今回は、彼女がメインで行動するみたいです。


前回のラストでは、
落下するコクーンを支えるため、
二人の仲間が犠牲になったのですが、
なんと、
この物語は、そのラストが変わってる、
というところからスタートです。

犠牲はふたりだけ、だと思っていたのに、
なぜか、ライトニングも、いなくなっていました。

これはおかしい。

姉さんは、確かにあの時、あそこにいたはずなのに。

妹のセラは、不思議に思います。

しかし、
ライトニングは、実際にいなくなっています。

結局、セラは幻を見ただけで、
ライトニングは、コクーンを支えるための犠牲になったのだ、
ということになっていました。


そこに、
ノエルという青年が現れるのです。

なんと、
ノエルは未来人でした。

時空を行き来するノエルは、
時空のどこかで、セラの姉、ライトニングに出会い、
セラを頼むと言われて、
セラのもとにやってきたのでした。



そうです。

なんと今回のFFは、
タイムトラベル物なのです。

これは驚きました。

まさか、タイムトラベルで来るとは。



セラとノエルは、
時空を行き来し、
ライトニングを探す旅にでる、
というのが今回のFF13-2の物語のようです。



フィールドは、前作の使い回し、なんでしょうけど、
結構、新鮮な感じがします。
新しい敵モンスターもいるようですし、
意外と、本気で作ってるのかもしれません。


それと、今回では、
前作の悪い所が直ってる感じがします。


前作では、さあ、遊ぼうか、
とソフトを起動した直後、
文字のあまりの小ささに驚き、

ふざけんな!
こんなもん読めるか、ボケ!

と、
当時、ブラウン管テレビでゲームをしていた私は、
大激怒してしまったんですが、
今回は、その私の怒りに恐れおののいたのか、
ちゃんと、文字の大きさが変わるようなってました。

やれば出来るじゃないですか。

まだ始めたばかりですが、今作は、
なかなか快適にゲームが出来るかもしれません。


ま、でも、
演出は、相変わらずの部分はありますね。

セリフは臭いし、ポエマーで、時代がかってます。

ライトニングが、
「戯れるな」
と言ったときは、思わず、吹いてしまいました。

アンタ、一体何者なんだ。


それに、
「信じれば、奇跡は起こる」
みたいなセリフも、また出てきちゃってます。

こういうセリフを自信たっぷりに言わせて、
もう、理屈抜きで正しいんだ、
みたいな演出ってのは、
まあ、よくある日本の少年漫画的演出なんですけど、
根拠が全く無いので、
言ってる人は気分がいいのかもしれませんが、
聞いてる方は、逆に不安になっちゃいますね。

思い込みの激しいキャラが一人ぐらいいるのは別にいいんですが、
皆がそれで、納得しちゃうというのが、
このゲームの悪い癖です。


でもまあ、
前作のスノーほど、うざい感じはないので、
気にし過ぎなければ、普通に楽しめそうです。


さて、
では続きを楽しみますか。


ゲートをくぐって、新しい時代へ。


いざ。


ファイナルファンタジーXIII-2ファイナルファンタジーXIII-2
(2011/12/15)
PlayStation 3

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

FF13-2プレイ日記〈2日目〉

FF13-2プレイ日記2日目、です。



*以下、完全なネタバレです。
結構、細かい部分も書いちゃうつもりです。
また、つまらないと思ったら、酷評することになると思うので、
これから遊ぼうという方は、読まない方がいいでしょう。





物語は、コクーン落下の3年後からスタートです。

姉が死んだということをなかなか受け入れられないセラは、
未来から現れたという青年、ノエルくんを信じ、
お姉さんを探すたびにでるのでした。



どうやら今回は、

オーパーツ、

とか言う奴をこまめに捜し回らないといけないみたいです。

ゲートをくぐり、時空の旅をするためには、
オーパーツとか言うのを鍵としなくちゃいけないようで、
これを探すのが、当面の目的となってくる、
というわけですね。

そして、オーパーツを使ってゲートを開けたら、
新しい時空に飛ぶことが出来る。

こんな感じです。


まず最初のゲートを抜けると、
2年後のビルジ遺跡、とか言う所に付きます。

ここで、結構な距離を歩きまわらせられました。


前回は、フィールドに人間がさっぱりいなくて、
かなり寂しいゲームだったんですが、
今回は、そんなことはありません。
人の数が多いです。
かなり賑やかになってます。

そのせいか、
少し、動きがカクカクしてる所があります。

あと、
これは前回もそうだったんですが、
画面がピカピカしてます。

ちょっと、見づらい部分がありますね。


で、
ビルジ遺跡を歩きまわると、
ものすごくデカイやつと戦います。

そいつと、わざと直接戦ってみたら、瞬殺されました。

ま、予想通りです。

ちゃんとやると、
そこは、すぐに終わります。

意外とサクサク進められますね。


そこから、またゲートをくぐって、5年後のヤシャス山に行きます。

そしてなんと、

ホープ君、と出会うのです。


ホープ君、でかくなってる!

しかも、偉くなってる!



ちょっと感動しました。


でも、どうやら今回、
ホープ君は仲間にならなさそうです。

というか、
どうやらこの作品、
前回の仲間は使えなさそうな気配ですね。

もしかしたら使えるんでしょうか。

でも、何となく使えないような気がします。
ホープくんがパーティに加わる感じが全く無いので。


なんだかちょっと寂しいなあ。


ま、
とにかく、
いろんな場所を行ったり来たり、
必死で歩きまわりして、
オーパーツとやらを探してゲートを開き、
ヤシャス山から、今度は200年後のヲルバ郷へ。


こんな感じで、
ゲームが進んでいきます。



すでに、かなり歩きまわされてますが、
ここまで、なかなか楽しいですね。


どうやら今回は、
前作で、駄目だと言われた部分を、
徹底的に検証し、
かなりまじめに作ってきてる様な気がします。


まだ、はっきりとしたことはわかりませんが、
物語も、面白そうです。

オープニングで、
戯れるな、
のセリフを聞いたときは一瞬、めまいを覚えましたが、
その後は、あまり違和感もなく、
むしろ、ちょっと拍子抜けです。

やはり、前作のあの異様な空気は、
ライトニングとスノウ、
この二人が作り出していたようですね。

二人がいないと、かなり普通です。


まあ、でも、
前作で、たっぷり付き合ったので、
いなければいないで寂しいんですけどね。

そのうち、出てくるんでしょうか。

そりゃあ、
多分出てくるでしょう。

期待して、先に進みます。

じゃ。

ファイナルファンタジーXIII-2ファイナルファンタジーXIII-2
(2011/12/15)
PlayStation 3

商品詳細を見る














テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

FF13-2プレイ日記〈3日目〉

FF13-2プレイ日記、3日目です。


*以下、完全なネタバレです。
結構、細かい部分も書いちゃうつもりです。
また、つまらないと思ったら、酷評することになると思うので、
これから遊ぼうという方は、読まない方がいいでしょう。





前回は、ホープ君と、懐かしの再会を果たしましたが、

なんと、今回は、スノウと会うことが出来ました。

セラ、歓喜!

ってほどでもなさそうでしたが、
私が歓喜です。


いやあ、
長かった。

ここまで、ものすごく長かった。

実は、どうでもいいところで、はまってしまいまして、
延々、ヤシャス山とその周りを歩きまわってました。

13-2は、13と違い一本道じゃない、
とは聞いていました。

色々歩きまわることができるので、
そこはたしかに楽しいのですが、
はまった時のしんどさは、かなりきついものがありますね。


どこではまったかというと、
序盤も序盤の、ビルジ遺跡です。

このビルジ遺跡というところには、ゲートが二つあり、
そこで二方向に分岐してるんですけど、
なぜか、私、それに全く気づかず、
片一方だけ進めてたら、
そこから先になかなかいけませんでした。

しかも、最悪なことに、
自分がハマっているということに、
最初は、全く気づいていなかったのです。

歩きまわってたら、結構、いろんなことが見つかったりして、
あまり退屈しないもんだから、
気にせず、適当に歩きまわって、
色々やってました。

でもさすがに、
何時間も物語が進められなくなると、
鈍い私でも、
気づきます。


あれ?
なんか、物語、全然進んでなくね?

もしかして、俺、ハマってる?



そこから、地獄のお散歩モードに入ってしまいました。


いやあ、
ほんとにしんどかった。



ビルジ遺跡にゲートが二つあることは、
もちろん気づいてたんです。

ただ、なぜか私、どちらのゲートも同じ行先だ、
と勝手に思い込んでいたんです。

それに気づかず、
ついに降参して、
攻略サイトを覗いてしまいました。

分かってみたら、
普通、こんな所でハマらないだろう、
ってところでハマってたことに、
かなりショックを受けましたが、
ま、
とにかく先に進めて良かったです。


歩きまわったお陰で、ものすごく強くなっちゃっって、
ゲートをくぐった後は、
ビックリするぐらい、サクサク進みました。




しかし、
スノーの登場は、
なかなか、良かったかな、と思います。

前回は、単なるウザいバカにしかみえなかったんですが、
今回は、ウザさが少し抑えめで、
割りとカッコ良く見えてしまいました。

出番が少ない、ってのも影響あるとは思います。

一緒に戦ってくれたのも、
ポイントアップです。

スノーとノエルが会話するシーンでは、
ノエルのほうが、いまいちに見えたぐらいです。

前作で長々付き合って、
情が移るってるんでしょうか。


でも、
相変わらず、
守る守る、言ってましたけどね。


この守るってセリフ、
FFだけじゃなく、
少年漫画やアニメでも、更には日本の映画なんかでも、
ものすごくよく使うキーワードです。


俺たちは、愛するものを守るために戦うんだ~、

みたいな。


なんかもう、
日本人の標語みたいになっちゃってます。


正直、聞き飽きました。


これから創作物を作ろうとする人はもう、
このキーワードを禁止にしてくれませんかね。


この単語を聞くたびに、

守るって言やあ、なんでも許されると思うなよ、
このあんぽんたん!

って感じになります。



この耳タコなキーワードをのぞけば、
このゲーム、
今までのところ、かなり面白いです。


不満らしい不満が、あまりありません。


正直、
もっと、前作の使い回し的な感じがするゲームかな、
と予想してたんですけど、
かなり手を加えられているようで、
全く新しいゲームをしているかのようです。


少しに気なるところは、
クリスタリウムが、
見づらいところでしょうか。

最初はかなり見づらいと思いました。

もう慣れましたけど。


とにかく、
さっさと先に進みたいと思います。

ここまで、ホープ君とスノウには出会いましたが、
サッズやヴァニラ、ファングらとは出会うことが出来るんでしょうか。


期待して、
次に進みましょう。


じゃ。

ファイナルファンタジーXIII-2ファイナルファンタジーXIII-2
(2011/12/15)
PlayStation 3

商品詳細を見る



テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

FF13-2プレイ日記〈4日目〉

FF13-2 プレイ日記、4日目です。


*以下、完全なネタバレです。
結構、細かい部分も書いちゃうつもりです。
また、つまらないと思ったら、酷評することになると思うので、
これから遊ぼうという方は、読まない方がいいでしょう。



スノウに出会うまで、
おもいっきりハマってしまいましたが、
その後は、
ビックリするぐらいサクサク進みまして、
ゲートも幾つか開きました。


アルカキルティ大平原に行けるようになりました。

前作と少し違ってて、
今回のほうが、たぶん、狭いみたいです。

ただ、歩きまわされる距離は、多分ハンパじゃない。


今回は、
モンスターを3人目の仲間にして戦うスタイルなので、
当然、モンスターを集めないといけない。

んで、
このアルカキルティー大平原、
季節を四種類に変えることができるんですが、
その季節によって、出てくるモンスターが違うみたいなんです。

もう少し物語が進んで、
モンスター集めをするレベルになると、
ここの作業量は、偉いことになりそうです。


他には、コロシアム、とか言う所もありました。

そこには、なんだか、ものすごく強そうな奴がいまして、
立ち去れ~
みたいなことを言われちゃいました。

今は全く戦えないレベルのようですが、
あとで、ここでいろんな凄いのと、
戦うことが出来るようになるんでしょうね。

楽しみです。


他に、
カジノもありましたし、
今回は、遊び要素が満載のようです。

また、
フラグメントとか言うのを集めるのも、
このゲームの目的の一つのようです。

ものすごく長い時間、遊べそうなゲームですね。

まあしかし、
物語の先が気になるので、
遊びはほどほどにして、
さっさと先に進めましょう。

じゃ。

ファイナルファンタジーXIII-2ファイナルファンタジーXIII-2
(2011/12/15)
PlayStation 3

商品詳細を見る


テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

FF13-2プレイ日記〈5日目〉

FF13-2のプレイ日記、5日目です。


*以下、完全なネタバレです。
結構、細かい部分も書いちゃうつもりです。
また、つまらないと思ったら、酷評することになると思うので、
これから遊ぼうという方は、読まない方がいいでしょう。




ゲームをするのに夢中になっていて、
ブログにプレイ日記つけるのを忘れていました。


とりあえず、
時空を色々、行ったりきたりしていたら、
新都、アカデミア、なる場所に到着。


ここは凄いです。


何が凄いって、
めちゃくちゃ広いです。


なぜ、こんなに広くしたんでしょうか。

しかも、広い上に街が入り組んでます。

私の頭では、覚えきれません。

正直、歩きまわるのが苦痛です。

なんか、クイズとかあったりして、
ここも、色々遊べそうなんですが、
面倒くさいので、後回しにします。

物語を進めようと思ったら、
これもそう簡単ではなくて、
なんだか、グラビトンコアとか言うのを集めないといけない、
とか言われてしまいました。

一応、必死で集めましたが、
まだ、二つ足りません。


このゲームは、実に困ったことに、
大事なアイテムが透明です。

こういうやつだと、
一度、見落としちゃうと、なかなか見つかりません。

心理的な死角、のようなものにハマっちゃうんでしょうね
ものすごく近くにあっても、
なかなか見つけられなかったりします。

もう大変です。


攻略サイト、
また、見ちゃおうかな。

攻略サイトは、ラスボスを倒してエンディングを見るまでは、
できるだけ見たくないんですけどね。

でも、マジで見つからないんです。

どうしましょう。

後二つ、一体、
何処にあるんでしょうか。


先に進める分はあつまってるので、
ゲートくぐっちゃおうかな。

でも、ここからゲートをくぐって先に行くと、
なんかえらいことになりそうなので、
やっぱり、まだ少し、
色々歩いてみることにします。


ところで、このゲーム、
時空を行ったりきたりする時のロード時間がちょっと長いですね。

実際の時間より、体感時間が長いんだと思います。

ロード中にナレーションを入れるとかしたほうが
よかったんじゃないでしょうか。

まあ、それはそれで、うざいですかね。


あ、
それと、リバースロックなるものの使い方が分かりました。

時間を巻き戻し、時空ごとのイベントを、
また最初から体験できる、というタイムトラベラーらしい、アイテムです。

おそらくこれで、序盤で倒せなかった敵とか、倒せるようになるんでしょう。
序盤のビルジ遺跡で瞬殺された、あのデカイやつ、とか、
サンレス水郷の巨大プリンとか、じゃないですかね。

奴らを倒せるようになると、その結果、時空がどうにかなって、
分岐とかするんですよ、たぶん。


カジノは、スロットをやってみました。
チョコボレースは、面倒くさいので、後回しです。

スロットは全然当たりません。
コイン1000枚があっという間に飲まれました。

コイン1000枚で3回挑戦したんですが、
3回ともぺろりと飲まれまして、
それから、スロットは諦めました。

当選確率を上げるアイテムとか、何処かにあるんでしょうかね。
普通にやっても勝てない気がします。


とにかく、
もうしばらくだけ歩きまわって、
フラグメント探しと、
モンスター集めを色々やりたいと思います。


じゃ。

ファイナルファンタジーXIII-2ファイナルファンタジーXIII-2
(2011/12/15)
PlayStation 3

商品詳細を見る



テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

FF13-2プレイ日記〈6日目〉

FF13-2 プレイ日記、6日目です。


*以下、完全なネタバレです。
結構、細かい部分も書いちゃうつもりです。
また、つまらないと思ったら、酷評することになると思うので、
これから遊ぼうという方は、読まない方がいいでしょう。




アカデミアのゲートをくぐる前に、
覚悟はいいか?
とか聞かれたので、

ヘタレな私は、
まだやめときます、と言って、
いったん別の次元に戻り、
いろいろと歩き回りました。

フラグメントは結構見つかり、
仲間モンスターも、かなり集まって来ました。

コロシアムは、まだ開かないようです。


チョコボレースも遊びたいんですが、
面倒くさそうなので、エンディングを見てから、
やり込みましょうかね。

しかし、
色々歩きまわってるんですけど、
サッズとか、まだ出て来ませんね。
どこにいるんでしょう。

カジノのどこかにいるんでしょうか。
チョコボ好きのおっさんなだったので、
チョコボレースとか、やってると、何かあるんでしょうか。


ま、
これ以上、歩きまわるのもつかれたので、
ゲートを潜りましょう。

……
……

で、

くぐって見ました。

次元の狭間に行き、
そこから何やかやあったお陰で、
ようやく物語の事情が見えました。

次元の狭間を超え、
死にゆく世界に行き、
ここでノエルの過去を観て、
そこから、
更に何やかやあって、
ようやく、
また元の場所に戻ることができました。


文章にするとあっという間ですが、
ここまで、結構、歩いてます。



さて、
物語を次に進めますか。

ここから、おそらく、ラストまで一気に行くことになりそうです。

次にこのプレイ日記を書くときは、
エンディングを見た後の感想になるでしょう。


じゃ、また。


ファイナルファンタジーXIII-2ファイナルファンタジーXIII-2
(2011/12/15)
PlayStation 3

商品詳細を見る


テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

FF13-2プレイ日記〈7日目〉

FF13-2プレイ日記、7日目です。


*以下、物語上、
重大なネタバレの記述があるので、
マジで、気をつけてください。


もう一度言いますが、ひどいネタバレがあります。

これから遊ぼうという方は、
読まないで下さい。









ついに、
ついに、
FF13-2のエンディングを見ました。

エンディングを観たのは、昨日で、
このブログも、実は昨日書いているんですが、
まあ、細かいことはどうでもいいでしょう。


とにかく、私はエンディングを見ました。


そして、そのエンディング、


な、
ななな、

なんと、

主人公の一人が、死んじゃいました。


ショックです。

いや、
それを観たときはショックじゃありませんでした。

むしろ、
少し感心しました。

なるほど、
そう来たか、と。

物語中に、分岐があるように、
エンディングも分岐しているんだな、
と、
当然、考えました。

そして、

よし、
これから、
本物のエンディングを探すたびに出よう、
ここからは、攻略サイトや、攻略掲示板とかを見て、
頑張るぞ、

と、早速、いろんな情報を求めに、
サイト巡りをした所、

いきなり、とんでもないことを耳にしました。



ええ、

そんな……

そんな馬鹿な!




真のエンディングが無い?


BADエンディングだと思ってみた奴が、
そのまま、普通のエンディング?


ほ、
本当なんでしょうか。

私、信じられません。


まじで、
真のエンディングはないんでしょうか。

一応、最後に、「続く」とかなんとか、英語で出てましたけど、
それって、まさか、13-3に続くって意味なんでしょうか。


もしそうなら、
これはないなあ。

これはない。


なんか、他のエンディングもいろいろあるのは間違いないみたいですけど、
全部、いわゆる期待している真のエンディングじゃない、
らしいんですよね。


まあ、自分の目で確かめたわけじゃないので、
本当に、真のエンディングがないのかどうかわかりませんけどね。

あって欲しいなあ。



いや、
そもそも、エンディングどうこうじゃなく、
これで終わるなら、
この物語自体、ちょっと、期待外れになっちゃいますね。

これならむしろ、
前作の方が、見せようとしてたことは大人だった。


でもまあ、エンディングは色々あるようなので、
とにかく、もう少し自分で色々調べてみてから、
また、なにかいいたいと思います。

じゃ。


ファイナルファンタジーXIII-2ファイナルファンタジーXIII-2
(2011/12/15)
PlayStation 3

商品詳細を見る

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

FF13-2プレイ日記〈8日目〉

FF13-2プレイ日記、8日目です。



*以下、完全なネタバレです。
結構、細かい部分も書いちゃうつもりです。
また、つまらないと思ったら、酷評することになると思うので、
これから遊ぼうという方は、読まない方がいいでしょう。





昨日、
かなりショッキングな情報を仕入れてしまったせいで、
ゲームを続けるモチベーションが一気に下がってしまいましたが、
しかし、
自分の目でちゃんと確かめてみないことには、
変なことは言えません。

ここはまず、いくつかある分岐を、
一つ一つ潰してみましょう。


まず、やることはあれです。

いきなり挑んで瞬殺された、巨大な化け物です。

今ならヤツと戦っても、多分、倒せるはず。

そして、ヤツを倒せば、きっと別の何かが出てくるはずです。


早速、挑んでみましょう。

いくぜ!

……
……

おお、
少し、苦戦しましたが、倒せました。


さて、これからどうなるのかな?

……
ん?


え、

これだけ?

倒したら、そのまま、別のちょっとしたエンディング、
になっちゃいました。


どこかに行って、何かするんじゃないの?


……

そうかあ……

そうなのかあ……


なんだかなあ……


いや、
まあ、こういう感じも、
よくあるといえば、よくあるか……


まあとにかく、
他も、試してもみよう。


ということで、
ヲルバ郷のカイアスと戦って見ました。

負けました。


つ、強っ!

カイアス強っ!


ここはまだ、早かったようです。


もう少し、強力なモンスターとか、育てないと無理そうです。


あ、強力なモンスターといえば、
オメガ、が無料で配信されてるということで、
早速、手に入れて見ました。

戦ってみたら、割りと普通に戦えましたね。

何度か戦ったら、
仲間になってくれました。

これから、育ててみたいと思います。


……
……


しかし、
このゲーム、
一度終えてみると、
正直、最初の評価というか、
期待というか、
予想というか、
そういうものは、だいぶ、
悪い方に、修正されましたね。


途中までは、
凄く面白くなりそうな気がしてたんですけどねえ。



まあ、
結構、夢中で遊べたので、
悪くはないと思うんですが、
ただ、
終わってみると、

あれ?

って感じでしょうか。


まあ、物語部分については、
エンディングを全部見てから、
いろいろ、考えてみたいと思います。


物語は、置いておいて、
ゲーム部分で、二つほど、
これは、どうなのって部分があるので、
ちょっと、書いておきます。

まず、
コロシアムです。

コロシアムを作っておいて、
コロシアムに敵が出てこないって、
どういうことですか。

無料配信のオメガに気づかなかったら、
全く戦わずに終わるところでしたよ。

これはちょっと、ひどくないですかね。

コロシアムは、いつ使えるようになるんだろう、
きっと、
物凄いのが沢山出てくるんだろうなあ、
早く使えるようにならないかなあ、
って、
ず~と待ちわびてたのに。

これは本当にガッカリです。



あと、
カジノのスロットですけど、
これもひどくないですか?


コインを多めに用意して、遊んでみたんですが、
777に当たるたびにコインが減って行きました。

当たれば当たるほどコインが減るスロットって、
斬新すぎます。


もっと、その辺のパチンコ屋にありそうな、
普通のスロットでよかったのに。
そのほうが面白いのに。


まあ、
他にも色々言いたいことはあるんですが、
まだ、
モンスター集めとか、
育成とか、楽しそうなところは残っているので、
とりあえず、そこを遊びたいと思います。

じゃ。


ファイナルファンタジーXIII-2ファイナルファンタジーXIII-2
(2011/12/15)
PlayStation 3

商品詳細を見る

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

FF13-2プレイ日記〈9日目〉

FF13-2プレイ日記、9日目です。



*以下、ネタバレです。
これからゲームを楽しもうと思っている方は、
読まないで下さい。

ネタバレに怒っても、
私は知りません。





FF13-2をクリアーして、
現在、攻略サイトなどを参考にしながら、
やり残した部分を、色々遊んでいます。

攻略サイトを見てみたら、
結構、ビックリすることが、多かったです。

アガスティアタワーの13階は、
私一人の力では、ちょっと無理でしたね。
あそこの宝箱、
自力でみつけられた人、どのぐらいいたんでしょうか。
難しすぎます。

でもまあ、多少、難しい所があっても、
それはそれで、楽しい部分なので、
別に文句を言ってるわけじゃゃありません。
こういうのは必要だと思います。

モーグリでモンスターを獲るとかも、
かなり驚きましたが、
それが出来ると知った時は、
かなり興奮しました。

こういう隠し要素は大事ですよね。

ここで捕まえられるキチューというのが、
ものすごく強いようです。
あとで、育てたいと思います。

でも、オメガをかなり育てたので、
殆どの敵は、余裕で倒せるようになってきてるんですけどね




あと、
幾つかのエンディンを見たので、
ちょっと感想を書きたいと思います。



個別のエンディングについて、どうこう言うことはありません。

まあ、こんなもんか、
って感じです。

エンディングについては、
ちょっとガッカリ、

いや、

かなりガッカリですね。


確かに、エンディングは複数用意してあって、
それを観るのは、楽しみの一つではあると思うんですけども、
ただ、
あくまでおまけエンディング、って感じで、
別に物語自体は、全く分岐してませんでした。
なので、
冷静に見ると、前回同様、普通に一本道です。

あそこで、こうしてたら、
このエンディングだったよ、
ここでこうしてたら、
このエンディングだったよ、

って程度です。

まあ、前回よりは、かなり自由に動けるんですけどね。



しかし、
エンディングを観た後に、色々遊んでみてると、
改めて
物語部分についてや、設定について、
色々、言いたいことが出てきますね。

それについては、
また今度、書きましょう。

じゃ。



ファイナルファンタジーXIII-2ファイナルファンタジーXIII-2
(2011/12/15)
PlayStation 3

商品詳細を見る

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

FF13-2プレイ日記〈10日目〉

FF13-2プレイ日記、10日目です。


*以下、完全なネタバレです。
これから遊ぼうという方は間違って読まないで下さい。
読んだ後で、ネタバレすんな、と怒っても、
私は知りません。




ついに、全てのエンディグを観ました。

大変でした。


物語部分はもう、
ほとんどすべて把握したので、
このゲームの物語部分や設定、
キャラデザインなどについての感想、
というか、批評、批判、的なことを書こうかな、
と思います。


まず、
今回、13-2では物語設定に、
前回のオートクリップで触れていたらしい、
神話部分を使ってます。

私、オートクリップを本気で読んでなかったので、
女神エトロ、とか言われても、正直、
なんのこっちゃ、って感じなんですが、
まあ、
そういうもんがあるんだろう、と、
今回も、適当に納得し、物語を楽しんでいたわけなんですが、

終わってみてから、物語を冷静に眺めて見ると、

この神話、
利用しないほうが、良かったんじゃないか、

って思えてきます。


これを使ってしまったことで、完全に、
前回の雰囲気が壊れてしまいました。


13の雰囲気とは何か、というと、
それはつまり、召喚獣やファルシに代表される、
あの、

メカメカしさ、

だと思うんです。


13の世界の雰囲気作りは、
あのメカメカしさが、かなり重要な役割を果たしています。

13で、メカメカしさを批判されたとしても、
あれは、世界設定に関係する部分なので、壊してはいけなかった。


13では、
女神なんとか、とかは、あくまで神話レベルだったと思います。

実際、それが存在するかどうかなんて、あの中では、
語られていなかった。

いや、最後のほうで、予言とか何とか出てきましたが、
あれ自体、かなり唐突で、意味不明でしたね。

あれの補足をするために、この続編を作ったのかもしれませんけど、
それは、やっぱり、失敗です。

そもそも、そんなガチの神様がいる世界を作りたいなら、
なぜ、あんなメカメカしいデザインにしたのか、ってことです。

ああいうメカメカしいものを観ちゃうと、誰だって、
神様というよりは、
ファルシより高次の、超知能生命体、みたいなものを連想します。

この世界には、昔、
ファルシのような知能のある機械を作った、
より高度な存在がいたんだな、
と普通は思います。

そのメカメカしい、SFチックな13の世界の続編に、
本当に、神話のまんまの、
実体があるのか無いのか分からない、
もやっとした神様を出してきちゃったのが、この13-2です。


おいおい、
あの神話、神話じゃなくてガチだったんかい、

ってなもんです。



あのメカメカしい姿によって醸しだされていた、
特殊で高度で人工的な生命体、
というようなもののリアリティが、
女神の存在の確定によって、
陳腐化されたんじゃないでしょうか。

前回のファルシは、
荒唐無稽な神話をそのまま信用して、
人を大量に殺そうとしている、
というところに、狂気が感じられました。

そんなメカメカしい姿をしてるくせに、
神話なんかを真面目に信用して行動するなんて、
こいつら、
完全に狂ってるだろ、

っていう雰囲気が、
13にあった恐怖であり、リアリティであったような気がします。


それなのに、
今回の設定のせいで、
前回、ファルシの言ってたことは本当でした、
彼らは狂ってなんかいませんでした、
となると、

あれ?

じゃあ、もしかして、主人公達のやってたことは、
間違ってたのかな?

って、微妙な気持ちになってしまいます。




前作と今作では、世界そのものが、
かなり変わってしまった印象を受けてしまいますね。

10と10-2のような分かりやすい変化ではないんですけど、
13と13-2も、かなり、
いや、180度、変わってると思います。


世界を変えて、面白くなっていれば、良かったんですけど、
正直、失敗しちゃってますよ。

世界が幼稚になっただけ、じゃないでしょうか。

まあ、
それでも、大事な部分さえおさえておけば、
面白くはなったと思うんですけども、
……


感想が長くなってきたので、
後半は、また別の日に、書きましょう。


じゃ。


ファイナルファンタジーXIII-2ファイナルファンタジーXIII-2
(2011/12/15)
PlayStation 3

商品詳細を見る

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
広告
広告
お気に入り
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。